スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1・0 (ワンポイントオー) レビュー

2006年03月02日

押してくれるとうれしいな♪


あらすじ
老朽化したアパートで暮らすコンピューター・プログラマーのサイモン(ジェレミー・シスト)は,ある日,部屋の中に見たこともない箱が置かれているのに気づく。箱を開けてみると中には何もない。何度捨てても,箱はいつのまにかまた部屋の中に置かれている。誰かが侵入しているのだろうか。やがてアパートの住人たちが次々に変死していく。みな部屋に箱が届いていたのだ。箱を送ってきたものの目的は?そしてサイモンの運命は…。





コレみました・・・

映像が美しく雰囲気もあり

最後までダレなかった


映画誌で予告を観た時から

ずっと期待していた映画なのだが

これほど深いメッセージが込められているとは

おもわなかった



資本主義がエスカレートしていくことに

よる大衆支配

それに主人公は巻き込まれてしまいます



ランス・ヘンリクセンの言葉



「悪は君を助けられるが・・助けようとはしない

 正義は君を助けられない・・・」


これは資本主義だけではなく

政治に対するアンチテーゼも

込められているのではないかと思う



もともと たくさんの メッセージが

込められているので

みれば必ずなにかしら得る物があるんじゃないかと・・



しかし・・・主人公とヒロインの恋愛とゆーか

いちゃつきはいらなかかったんじゃないかな?

あのシーンのせいで全体の雰囲気を壊しているような

気がする・・・



物をただ消費する人間にはなりたくないね

  



ネイチャーフレッシュミルク!




 
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
« 30円の楽しみ | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。